看護師転職全国版ベスト5社まとめ【決定版!】

1abb64728dd70ca88e715000d83a7e2f_s

 

看護師転職全国版ベスト5社まとめジでは
看護師の求人探しや転職を成功させるために
おすすめのサイトをご紹介します。

 

どのサイトも登録無料で利用できますので、
安心してご利用ください。
(※無料利用できる理由は⇒こちら!)

 

 

01

看護師派遣会社の中で満足度NO.1!手厚いサポートと業界最大級の求人数が魅力

 

02

強引な誘導は一切無し!本当に転職者のことを考えてくれる転職サイトです!

 

03

転職決定で最大40万円の転職祝い金!これは業界NO.1です。

<ランキング第4位:ナースJJ>

転職祝い金が最大35万円がもらえる!今人気の転職サイトです!

<ランキング第5位:看護のお仕事>

転職成功で最大12万円の転職祝い金!24時間電話対応も嬉しい!

 

いかがでしょうか?気になる転職サイトは見つかりましたか?ちなみにですが転職に成功されている方は、3つ以上の転職サイトをかけもちされているというデータもあります。その方がもちろんたくさんの転職先情報を手にすることができますからね。どのサイトも転職先が決まるまで(もちろんその後も)利用料は完全無料です。転職成功をお祈りしています!!
以上、看護師転職全国版ベスト5社まとめジでした。
 
 
 
 
<看護師コラム>
“看護師国家試験に合格するよりも、断然、看護学校を卒業する方が難しいと思う人も多いといわれています。看護学校は大変厳しく、レポートが遅れてしまったり、テストに落ちるなどの些細なことでも留年だそうです。そういう厳格な学校を卒業して、国家試験も合格できた人には、ぜひ看護師の職に就いてほしいですね。看護師が転職しようとする理由は、人間関係が難しいからという人がたくさんいます。女の人が大半を占める職場ですし、イライラが溜まりやすいこともあって、対人関係が大変という人がたくさんなのでしょう。その時、パワハラやイジメが転職しようと考える理由という人も存在します。大変な環境を耐えて働いてしまうと、体調不良になりやすいですので、すぐにでも転職を考えましょう。看護職の人がジョブチェンジを検討するときにはインターネットの転職サポートサービスを使うとよいでしょう。看護スタッフ募集のお知らせは、ハロワやアルバイト情報誌などには紹介されないことが少なくありません。一方、看護職に特化した人材派遣サイトでは、限定公開の人材募集をチェックできるのみならず、たとえば、勤め先がどのようなムードか等も調べることもできます。躊躇しがちな給与や労働時間、保険、休暇等のかけひきを依頼することも可能です。結婚の時に転職をする看護師もたくさんいます。配偶者とすれ違いが起きて離婚してしまうよりは、転職する方が良いでしょう。今後、子育てを頑張るつもりならば、結婚を機に自由時間を多くとれる職場に転職しておくと良いでしょう。イライラが多くなりがちだと子どもができづらくなってしまうので、気を付けるようにしましょう。看護専門職がよい時機に職場を移ろうと思うなら、賞与金を受け取ってから辞職するというのが多数派なので、具体的には1月、6月がオススメです。たしかに、専門職である看護師が不足し困っている職場は多いのですが、より良い雇用環境に就くためにも、約90日ほどは新しい仕事場を探す時だと考えて、焦らず比較検討するとよいでしょう。すぐにでも次の仕事場へ行きたい事由がある人以外は、募集案件が多数紹介される頃まで様子を見るのがベターです。全国において、看護師の年収は平均して437万円くらいです。ただ、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員勤務であるため、年収は平均593万円ほどになるのです。公務員看護師は給料が上がる率も民間の病院より高くて、福利厚生も充実しているのです。準看護師の場合であると、看護師よりも平均年収が70万円ほど低いのです。転職をするのが看護師の場合であっても、違った職種に転職を考える人も少なくないです。けれども、努力して看護師資格をゲットしたのですから、その資格が有効に活用できる仕事を選んだほうが良いでしょう。違った職種でも、看護師の資格がプラスにはたらく仕事は多数存在しています。頑張って得ることのできた資格ですから、使わないのは損になってしまいます。高齢化社会が進み、福祉施設であっても看護師のニーズは増してきているのです。それだけでなく、大きな会社になると看護師が医務室などにもいて、健康診断や相談、ストレス等のメンタルケアをとり行っています。こういったケースは、その会社組織の社員として入社をすることもありえるでしょう。

 

※看護師転職全国版ベスト5社まとめに掲載の情報は記事作成時のものとなります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ